小児科で処方される便秘薬や下剤

頑固な便秘で小児科に行くと、子供向けに安心な下剤が処方されることがあります。

でも、やっぱり下剤は心配なもの。小児科で、どんな薬が処方されるのか、ご紹介します。

ラキソベロン

ラキソベロンは便秘で小児科にかかると処方されることの多い薬です。

子供だけでなく、妊婦に処方されることもあるので、処方してもらったお母さんもいることでしょう。

ラキソベロンは大腸を刺激して、腸の運動を促進させ、排便を促す薬です。

大腸刺激性下剤としては、習慣性の少ない薬で、色は無色か薄い黄色、決められた量を水にたらして飲みます。 効果が現れるのは、一般的に7〜12時間程度後です。

モニラック

モニラックは便を柔らかくする「糖類性下剤」とよばれる薬のひとつです。

安全性が高く、子供の便秘には、よく処方されます。

モニラックは腸内の水分を増やし、便を柔らかくして出しやすくするほか、 薬が乳酸菌による分解を受けて、乳酸や酢酸が作られ、腸を刺激して、排便を促します。

子供には、シロップ状のモニラックが処方されるのが普通です。

マグネシウム

腸内の水分を引き寄せ、便を柔らかくしてくれる作用があり、安全な下剤として、処方されることのある薬です。 妊婦に処方されることがあるので、使ったことのあるお母さんもいるのではないでしょうか。

マグネシウムは腸内の便に水分を引き寄せて、便を柔らかくし、排便しやすくすることができます。

習慣性が少なく、安心して使用できる薬です。

テレミンソフト

テレミンソフトは子供にも使える座薬の下剤です。

直接、腸を刺激し、腸の運動を活発にして、排便を促します。

効果は、5〜60分ほどで出ますので、急な排便に注意が必要です。

習慣性があり、頼りすぎると、自然な排便が困難になってしまうため、 とても頑固な便秘や長い間排便がない時に用いられる薬です。

子供の便秘は、ひどくなり泣きながら排便するようになると、見ている親がつらいもの。 小児科でも、習慣性の少ない下剤を処方してくれますし、手に追えなくなる前に、小児科で相談してみましょう。

薬に頼らない便秘解消法

もう子供の苦しむ姿を見たくない!

便秘で苦しむ子供

泣きながら排便する姿、うんちを我慢してしまう姿、

お尻が切れて血が出ている姿、浣腸を嫌がって泣き喚く姿・・・便秘で苦しむ子供の姿はとても見ていられません。

何とかしてうんちをやわらかくしてあげたい、するっと排便させてあげたい、母親の切なる願いだと思います。

天然のオリゴ糖で子供の便秘が解消したという声をご存知でしょうか。

天然オリゴ糖は、妊婦も生後間もない赤ちゃんも安心して食べられる健康食品

中でも口コミで評判なのは高純度の天然オリゴ糖〜カイテキオリゴ。

カイテキオリゴを購入してみました

北海道十勝産の甜菜(ビート)から取れた天然のオリゴ糖(ラフィノース)は純度ほぼ100%、だから乳幼児にも安心なのです。

もっとも目立つ口コミは、

  • 「うんちが柔らかくなって、ラクに出せるようになった」

  • 「痛がらなくなって、うんちを嫌がらなくなった」

というもの。

しかも味はほんのりとした甘さで、ミルクや食事に混ぜでも味も働きも変わりません。

味に敏感なお子さんや好き嫌いの多い偏食気味のお子さんにも気づかれることもありませんので、とっても使いやすい。

排便は毎日のこと、痛がる、無く、我慢する、出血する、そんな子供の便秘に毎日つきあい、心を悩ませていては親子で疲れてしまいます。子育ての憂鬱の種ともいえるでしょう。

自然に楽にウンチをする姿を見て心から安心した、自分の気持ちも楽になった、という喜びの声は正にお母さんの本音ですね。

カイテキオリゴで便秘が解消した!

浣腸や便秘薬に頼らず、子供の自力排便を目指す方に、今まで色々試しても解消されず、万策尽きてお困りの方に、カイテキオリゴはオススメの自然食品です。

矢印 評判の天然オリゴ糖の口コミを見てみる