便秘を予防する食事とは?

偏食気味の子供は便秘になりやすい

幼児の便秘を予防するにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

子供も、1歳を過ぎると歩くようになり、言葉も話し始め、離乳食も完了に近づいてきます。

離乳食は完了に近づいてきた、または完了したと言っても、偏食気味の幼児も多く、大人と同じように食事が原因で便秘になってしまうこともあります。

サツマイモやバナナなど、子供の好みそうな便秘に効く食べ物はもちろんですが、 他の野菜類や海藻類などのミネラルも、きちんと取れるようにしましょう。

また、幼児期の子供は、排便を嫌なものと感じると、体が排便を押さえ込んでしまい、便秘になってしまうこともあります

便が硬くて、排便するのが大変だったり、おしりの周りに湿疹やただれができていて、排便の時にいきむことで、痛みを感じたりすると、「ウンチは嫌なもの」と感じてしまうことがあるようです。

便を柔らかくするには、繊維質の多い食事を取るようにしたり、水分を多く取るようにすることが大切ですし、湿疹やただれの痛みが原因なら、早く治してあげることが大切です。

便秘を予防する生活習慣とは?

また、幼児期には、きちんとした生活習慣を身に付けることも大切です。

生活のリズムを整えることも便秘の予防につながる

早寝早起き、朝昼夜3食きちんと食べる、外遊びの時間を取るなど、 毎日、決まったリズムで生活することで、自律神経の働きが整い、排便を促すことにつながります

トイレトレーニングをしている子供ならば、朝、トイレに行く習慣をつけたり、決まった時間にトイレに行く習慣をつけることで、 排便のリズムも付けやすくなるでしょう

幼児の便秘が習慣化、長期化してしまうと、排便習慣を立て直すのに、数ヶ月かかってしまったり、薬に頼る必要が出てきたりと、大変になってしまいますので、幼児期から、便秘になりにくい生活習慣を身に付けることも大切です。

薬に頼らない便秘解消法

もう子供の苦しむ姿を見たくない!

便秘で苦しむ子供

泣きながら排便する姿、うんちを我慢してしまう姿、

お尻が切れて血が出ている姿、浣腸を嫌がって泣き喚く姿・・・便秘で苦しむ子供の姿はとても見ていられません。

何とかしてうんちをやわらかくしてあげたい、するっと排便させてあげたい、母親の切なる願いだと思います。

天然のオリゴ糖で子供の便秘が解消したという声をご存知でしょうか。

天然オリゴ糖は、妊婦も生後間もない赤ちゃんも安心して食べられる健康食品

中でも口コミで評判なのは高純度の天然オリゴ糖〜カイテキオリゴ。

カイテキオリゴを購入してみました

北海道十勝産の甜菜(ビート)から取れた天然のオリゴ糖(ラフィノース)は純度ほぼ100%、だから乳幼児にも安心なのです。

もっとも目立つ口コミは、

  • 「うんちが柔らかくなって、ラクに出せるようになった」

  • 「痛がらなくなって、うんちを嫌がらなくなった」

というもの。

しかも味はほんのりとした甘さで、ミルクや食事に混ぜでも味も働きも変わりません。

味に敏感なお子さんや好き嫌いの多い偏食気味のお子さんにも気づかれることもありませんので、とっても使いやすい。

排便は毎日のこと、痛がる、無く、我慢する、出血する、そんな子供の便秘に毎日つきあい、心を悩ませていては親子で疲れてしまいます。子育ての憂鬱の種ともいえるでしょう。

自然に楽にウンチをする姿を見て心から安心した、自分の気持ちも楽になった、という喜びの声は正にお母さんの本音ですね。

カイテキオリゴで便秘が解消した!

浣腸や便秘薬に頼らず、子供の自力排便を目指す方に、今まで色々試しても解消されず、万策尽きてお困りの方に、カイテキオリゴはオススメの自然食品です。

矢印 評判の天然オリゴ糖の口コミを見てみる