新生児便秘〜水分不足も便秘の原因に

授乳中のママ

子供の便秘の中でも、新生児便秘は、子供の状態を見て判断するしかなく、生まれたばかりの赤ちゃんに、薬を飲ませることへの抵抗もあることから、自宅でのケアが、とても大切になります。

新生児便秘の原因は、母乳やミルクが不足していて、便となる不要物が足りなかったり、便を柔らかくするための水分量が不足していて、排便しにくかったりすることが大きな原因と言われています

新生児便秘かもしれないと感じたら、母乳やミルクの量をチェックしてみましょう

ミルクの場合、赤ちゃんが嫌がらなければ、ミルクのメーカーを変えてみるのも、一つの方法です。

母乳の場合、足りているかどうかを判断するのも難しく、生後数週間は、母乳の出が悪い場合があったり、赤ちゃんが飲むのに慣れておらず、上手に飲めていない場合もあります。

お母さんの体力が回復するにしたがって、母乳の量は増えますし、赤ちゃんも慣れてくると、しっかり母乳を飲めるようになるので、新生児の時の母乳不足自体は、あまり心配する必要はありません。

母乳が足りておらず、子供が便秘になるのも、かわいそうなので、完全母乳にこだわらず、ミルクを足してあげることを考えてみてもいいでしょう。

母乳の場合で、量や回数は足りているようなのに、新生児便秘になるようならば、白湯などで水分を補給してあげてもいいでしょう。

新生児便秘の対処法

新生児便秘の対処法は、マッサージと綿棒の浣腸がおすすめです。

マッサージは、おなかを優しく「の」の字を書くように、マッサージします。

お母さんとのスキンシップにもなりますので、「マッサージをするね」「気持ちいいね」など、話しかけながら、マッサージしてあげてください。

便秘のときだけに限らず、便秘予防に毎日してあげてもいいですね。

マッサージでも、便秘が解消されない場合、綿棒浣腸をしてみましょう。

綿棒の先端に、ベビーオイルやオリーブオイルなどをつけて、先端が全部隠れるくらい肛門に入れて、数回、出し入れします。 こうすることで、腸に刺激を与え、排便を促すようにするのです。

綿棒浣腸は、オムツ換えのときにするといいでしょう

赤ちゃんによっては、綿棒浣腸をしたとたん、排便することがあります。

オムツ換えのときでなくても、お尻の下にオムツや使い捨てシートなどを引いて行うようにすると、すぐに排便があったときでも、慌てずに、対処することができます。

薬に頼らない便秘解消法

もう子供の苦しむ姿を見たくない!

便秘で苦しむ子供

泣きながら排便する姿、うんちを我慢してしまう姿、

お尻が切れて血が出ている姿、浣腸を嫌がって泣き喚く姿・・・便秘で苦しむ子供の姿はとても見ていられません。

何とかしてうんちをやわらかくしてあげたい、するっと排便させてあげたい、母親の切なる願いだと思います。

天然のオリゴ糖で子供の便秘が解消したという声をご存知でしょうか。

天然オリゴ糖は、妊婦も生後間もない赤ちゃんも安心して食べられる健康食品

中でも口コミで評判なのは高純度の天然オリゴ糖〜カイテキオリゴ。

カイテキオリゴを購入してみました

北海道十勝産の甜菜(ビート)から取れた天然のオリゴ糖(ラフィノース)は純度ほぼ100%、だから乳幼児にも安心なのです。

もっとも目立つ口コミは、

  • 「うんちが柔らかくなって、ラクに出せるようになった」

  • 「痛がらなくなって、うんちを嫌がらなくなった」

というもの。

しかも味はほんのりとした甘さで、ミルクや食事に混ぜでも味も働きも変わりません。

味に敏感なお子さんや好き嫌いの多い偏食気味のお子さんにも気づかれることもありませんので、とっても使いやすい。

排便は毎日のこと、痛がる、無く、我慢する、出血する、そんな子供の便秘に毎日つきあい、心を悩ませていては親子で疲れてしまいます。子育ての憂鬱の種ともいえるでしょう。

自然に楽にウンチをする姿を見て心から安心した、自分の気持ちも楽になった、という喜びの声は正にお母さんの本音ですね。

カイテキオリゴで便秘が解消した!

浣腸や便秘薬に頼らず、子供の自力排便を目指す方に、今まで色々試しても解消されず、万策尽きてお困りの方に、カイテキオリゴはオススメの自然食品です。

矢印 評判の天然オリゴ糖の口コミを見てみる