新生児の排便と便秘

赤ちゃんの便秘は判断が難しい

子供の便秘の中でも新生児の便秘は、子供の状態を見て判断するしかなく、親も一番困惑する便秘です。

一般的に、母乳で育てられている新生児のほうが、ミルクで育てられている新生児より、排便の回数が多く、1日に10回以上の排便をすることもあります

しかし、新生児の消化能力は、まだ成長途中であり、母乳やミルクの濃度や質によって、便秘を起こすことがあります。

新生児は、排便の回数も決まっていないため、便秘かどうかを判断するのは、難しいのですが、排便の時、苦しそうでなく、便も柔らかく、おなかも張っていないようならば、何日も便が出ていなくても、心配しなくて大丈夫です。

便が出ない日が何日も続いていて、赤ちゃんのおなかが張っている場合は、新生児便秘と考えて構わないでしょう。

ただし、新生児便秘だからといって、すぐに病院に行く必要はなく、綿棒で浣腸し肛門を刺激したり、やさしくお腹をマッサージするなど、自宅でできるケアを試してみてください。

新生児には、生まれて1ヶ月くらいで、新生児健診があります。

どうしても、新生児便秘が心配になる場合、新生児健診で相談してみるといいでしょう。

胎便とは

生まれたばかりの新生児は、お母さんのおなかの中にいたときに飲み込んだ羊水や胆汁、腸液、子供自身の髪などの不要物を、「胎便」として、おなかの中に持ったまま生まれてきます。

この胎便は、生後半日から2〜3日の間に排便されます。

胎便は、真っ黒な海苔のような便ですが、生後2〜4日くらいまでには、徐々に、黄色っぽい便に変わっていきます。

赤ちゃんの大腸には、いわゆる「悪玉菌」がいないため、ヨーグルトのような臭いや甘酸っぱい臭いがし、悪臭を出すことは、ありません。

色は、黄色っぽい便が普通ですが、茶色っぽかったり、緑色がかっていたりすることも多く、緑色の便が出たからと言って、心配することはありません。

薬に頼らない便秘解消法

もう子供の苦しむ姿を見たくない!

便秘で苦しむ子供

泣きながら排便する姿、うんちを我慢してしまう姿、

お尻が切れて血が出ている姿、浣腸を嫌がって泣き喚く姿・・・便秘で苦しむ子供の姿はとても見ていられません。

何とかしてうんちをやわらかくしてあげたい、するっと排便させてあげたい、母親の切なる願いだと思います。

天然のオリゴ糖で子供の便秘が解消したという声をご存知でしょうか。

天然オリゴ糖は、妊婦も生後間もない赤ちゃんも安心して食べられる健康食品

中でも口コミで評判なのは高純度の天然オリゴ糖〜カイテキオリゴ。

カイテキオリゴを購入してみました

北海道十勝産の甜菜(ビート)から取れた天然のオリゴ糖(ラフィノース)は純度ほぼ100%、だから乳幼児にも安心なのです。

もっとも目立つ口コミは、

  • 「うんちが柔らかくなって、ラクに出せるようになった」

  • 「痛がらなくなって、うんちを嫌がらなくなった」

というもの。

しかも味はほんのりとした甘さで、ミルクや食事に混ぜでも味も働きも変わりません。

味に敏感なお子さんや好き嫌いの多い偏食気味のお子さんにも気づかれることもありませんので、とっても使いやすい。

排便は毎日のこと、痛がる、無く、我慢する、出血する、そんな子供の便秘に毎日つきあい、心を悩ませていては親子で疲れてしまいます。子育ての憂鬱の種ともいえるでしょう。

自然に楽にウンチをする姿を見て心から安心した、自分の気持ちも楽になった、という喜びの声は正にお母さんの本音ですね。

カイテキオリゴで便秘が解消した!

浣腸や便秘薬に頼らず、子供の自力排便を目指す方に、今まで色々試しても解消されず、万策尽きてお困りの方に、カイテキオリゴはオススメの自然食品です。

矢印 評判の天然オリゴ糖の口コミを見てみる